協会について

2019.09.16【御礼と試合動画公開のお知らせ】

 丸善インテックアリーナで第3回ソーシャルフットボール全国大会が行われてから、はや1週間が経過しました。

 今大会は熱い戦いが続く中、エストレージャあいちが初優勝し閉会しました。また、「ワイルドカード」方式を採用し、セミファイナル進出チームが予選最終試合まで分からない展開となり、決勝にたどり着く過程でも大きく盛り上がりました。

 また、フットサル競技大会以外でも、「ソーシャルマルシェ」「やすらぎのあーと展」「発達障がい児などフットサル大会」」「チアリーディング」と、4つのコラボイベントを行い、いずれも大盛況でした。

 「ソーシャルマルシェ」では計18団体からブースの出店があり、大会に花を添えて頂きました。「やすらぎのあーと展」では全国から28作品が集まり、265票の投票が集まりました。「発達障がい児などフットサル大会」では児童やご家族など100名近い方が集まり、元気に走り回る児童のプレーには、パワーを頂きました。「チアリーディング」では音響トラブルを乗り越え、大会を華やかに応援して頂きました。

 このようなコラボイベントを通じて感じたのは、ソーシャルフットボールの‟ソーシャル”の意味を掘り下げられた大会になったのかなという事です。まだまだ一部ではありますが、フットボールを通じて人と社会とつながるところを体現できたのかなと感じています。
 
 最後になりましたが、本大会に様々な形で参加や応援頂きました皆様に御礼申し上げます。今後の更なる普及や、皆様のご活躍を祈念し末尾の言葉とさせていただきます。

第3回ソーシャルフットボール全国大会実行会一同(文責:平山)

□ 大会報告
優 勝 エストレージャあいち(東海)
準優勝 Espacio (関東1)
3 位 YARIMASSE大阪(開催地)
3 位 おこしやす京都(関西1)
出 場 amigo長崎(九州)、ヴァルカーノ甲信(甲信越北陸)、FCウエノ(関西2)、グランゼーレ東北(東北)、埼玉CAMPIONE(関東2)、鳥取ブレックス(中国)、Vier Glanz(四国)、リベルダージ北海道(北海道)。以上、50音順。

得 点 王 石田 嵩人(amigo九州) 11得点
 
【総来場者】 965名(延べ人数)
【動画中継】 2,850件

□ 動画
 試合動画を下記ソーシャルフットボールチャンネルにて公開させて頂きます。チャンネル登録の程、宜しくお願い致します。

ソーシャルフットボールチャンネル
https://www.youtube.com/playlist?list=PLgOFMy1jAYX2oP0fGPduBb3vrQCgizipI

2019.09.06【お知らせ】第3回ソーシャルフットボール全国大会 動画配信

いよいよ、明日から始まる第3回ソーシャルフットボール全国大会ですが、本大会も「動画中継」を行います。また、後日になりますが、ソーシャルフットボールチャンネルにて、試合動画を公開させて頂きます。

コートA (ソーシャルフットボールチャンネル

コートB (Half Time チャンネル

上記、クリックすると動画中継ページに移ります。なお、中継は試合のみになります。試合時間は下記、大会パンフレットをご参照ください。

大会パンフレット (クリックするとPDFファイルが開きます)

2019.09.02【ご案内】第3回ソーシャルフットボール全国大会

とうとう、ソーシャルフットボール全国大会が今週末に迫ってきました!!
全国2500名の頂点を決める戦いが、熱く、熱く、繰り広げられます。

全国大会に加え、「ソーシャルマルシェ」「やすらぎのあーと展」「児童フットサル大会」を大会期間中に開催致します。

「ソーシャルマルシェ」では、20強のブースの出店があり、飲食(パン、弁当、飲料)に加え、各企業のPRや体験ブース等が催されます。

「やすらぎのあーと展」では、全国各地から30弱の心に響く作品が届きました。当日は、こころを揺さぶられた作品に応募できるコーナーも設けておりますので、是非お立ち寄りください。

大会パンフレットはこちらから

ページトップへ

〒599-8263 堺市中区八田南之町277 阪南病院内
Copyright(C) OSFA All Rights Reserved.