協会について

2019.02.25【ご報告】ソーシャルフットボール×ドリームバスケコラボ

【ご報告】

大阪で初!ソーシャルフットボールとドリームバスケのコラボイベントが開催されました。

主催:Half Time×エーネン大阪、協力:大阪ソーシャルフットボール協会

 

同じクラブで複数の競技を行う事はあると思うのですが、他団体同士がコラボして複数競技を同時開催するというのは全国的にも珍しいと思います。

集まっていただきました方…なんとっ!60名弱!! コラボパワーを感じました。

下は中学生、上は〇〇歳!! 初めての方も、久しぶりの方も、おなじみの方も、そして・・・全く知らない方も“ボール”を通じて交流され、熱量の高さは半端なかったです。

 

各チームの紹介

□ インクルーシブフットボールクラブHalf Time

https://halftimeosaka2.wixsite.com/top-page

□ エーネン大阪

https://eenenosaka.jimdo.com/

 

2019.02.20【ご報告】第7回デイケア合同練習会

カモン高石にてデイケア合同練習会を開催しました。

国分病院×阪南病院

 

30分のアップの後は1時間15分ほどミニゲームで回しました。

それでもやり足りない方続出中!W

 

3月~は講習会や大会が続きますので、5月以降に次回デイケア合同練習会を行う予定です。

2019.01.31【ご報告】ソーシャルフットボール講習会〜泉南会場〜開催しました

【ご報告】
1/31に泉佐野市にあるJ:COM末広体育館にて、ソーシャルフットボール講習会〜泉南会場〜開催しました。

当日は35名の方々が参加いただき、中には初めて参加いただいた方も3分の1ほどいらっしゃいましたが、シュートゲームではバンバンゴール入っていました????

最後には、疾病や障がいをはじめとする、社会的困難のあるなしに関係なく、誰でも参加できるフットボール活動(インクルーシブフットボール)に取り組まれている、FCアトラス(泉佐野市)、岸和田スパークルズ(岸和田市)、Half Time(堺市)よりPRがありました。

2011年から始まった岸和田以南のフットサル講習会ですが、また来年も続けることができればと思います。

最後にご参加頂きました方々、ご協力頂きました関連機関、ボランティアスタッフの方々ありがとうございました!
今後ともよろしくお願いします。

2019.01.28【ご報告】 2019ソーシャルフットボール講習会~大阪市会場~を開催しました

 【ご報告】
1/28(月)に「2019ソーシャルフットボール講習会~大阪市会場~」を開催いたしました????
講師は元Fリーガーの“三木誉(みきほまれ)さん”にお越しいただきました。セクシーフットボールで一世風靡した野洲高校、びわこ成蹊スポーツ大学を経て、Fリーグのデウソン神戸、バサジイ大分で活躍されていました。⚽️

10年近く大阪府下各地で行っている講習会ですが…今までで最多の参加者で、55名の方にお越し頂きました????
人数もあってか熱気の高さがものすごく、賑やかで楽しい雰囲気でした。三木さんと一緒にミニゲームをする時間もあり、超絶テクニックを随所に見せられ歓声も上がってました!
今後も笑顔溢れる講習会を継続していきます。

最後になりましたが、本講習会開催にあたり御協力頂きました(株)ゼネラルパートナーズ様、大阪市長居障がい者スポーツセンター様に厚く御礼申し上げます。

主催:(一社)大阪ソーシャルフットボール協会
http://osfa.jp/
football makes wonderful life
協力:大阪市長居障がい者スポーツセンター、Half Time、WEAREA
協賛:㈱ゼネラルパートナーズ

2019.01.19【ご報告】身体づくり講習会~優しい栄養学入門編~を開催しました

【ご報告】
協会では2回目となる「身体づくり講習会~優しい栄養学入門編~」を『シゴトライ・リンクビー大阪』様で開催いたしました。
前回は、「自分の身体を知る」をテーマに体力測定と講義を行いました。今回は、身近な「食事」をテーマに行いました。

講師には、一般社団法人Plus Deporteより角谷 哲也(かくたに てつや)さんにお越し頂きました。
角谷さんは、元Fリーガー(バサジィ大分)で、現在はサッカー・フットサルコーチとしてご活躍されています。また、アスリートフードマイスターを取得され、現役時代から取り組んでおられたアスリートの食生活の重要性を、スクール生に伝えておられます。

今回は、「入門編」でお話し頂きましたが、とても分かりやすく、直ぐに普段の食事に活かせる内容でした!!
食事指導だと「○○は食べてはダメ」「○○時以降は食べないで」というイメージがありますが、角谷さんは「ダメ」とは言わず、分かりやすく問題点と対策を教えてくれました。笑いもあり、とても和やかな雰囲気で、楽しい講習会になりました!!質問も多く、関心の高さを感じました!!
今回のような笑顔溢れる機会を提供できるよう、今後も励んでいきます!!

また、本講習会開催にあたり御協力頂きました(株)ゼネラルパートナーズ様、一般社団法人 Plus Deporte様に厚く御礼申し上げます。

主催:一般社団法人 大阪ソーシャルフットボール協会
http://osfa.jp/   football makes wonderful life
協賛:(株)ゼネラルパートナーズ
協力:一般社団法人 Plus Deporte

 

2019.01.01新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。

皆様におかれましてはお健やかに新年を迎えられた事と存じます。本年もなにとぞよろしくお願いいたします。

 

昨年、大きな出来事としては、第2回ソーシャルフットボール国際大会がイタリアで開催され、大阪からも2名の選手とスタッフを派遣させて頂く事が出来ました。国際大会での経験を元に飛躍された選手もいました。他の障がい者サッカー団体と同様に、日の丸を背負って戦う機会がソーシャルフットボールというカテゴリーで当たり前に開催できるようになりつつある事はとても意義深い事に感じています。

また、第1回ソーシャルフットボール地域選抜選手権では関西選抜チームとして、優勝を勝ち取りました!これまではチーム単位の全国大会はありましたが、地域選抜となる事で出場できる選手も多数おり、大きな経験を各チームに持ち帰っています。

 

昨年までの流れを受け、今年は大阪でソーシャルフットボール全国大会が開催されます。すでに実行委員会を立ち上げ活動を始めています。ドリームバスケットボールも大阪でオープン参加の全国大会が開催予定となっており、競技の枠を超え連携を図っていければと考えています。2019年も大きな希望がある一年になるよう取り組んでいきます。

ソーシャルフットボールを通じ、障がいへの理解や年齢を超えたつながりが深まり、人々がお互いを尊重し合うことに寄与できればと願い本年も活動していきます。
変わらぬご支援、ご関心の程、何卒宜しくお願い致します。

 

平成31年元旦

一般社団法人大阪ソーシャルフットボール協会 一同

2018.12.13【報告】第6回デイケア合同練習会

先日、12/13(木)、デイケア合同練習会を開催致しました。意外にも、大阪市長居障がい者スポーツセンターさんでは初開催!!

総勢30名超と今回も3団体、4チームで5分1本のミニゲームを数多く行いました。最後にはやり足りない人限定でワンマッチを行いましたが…ほぼ全員が出るというアグレッシブな回でした☆笑

センター職員さんも顔を出して頂き、オウンゴールを置き土産に…というほっこりエピソードもありました( ̄▽ ̄)

そして、なんとっ大阪では年長の現役プレイヤー64歳の方がゴールをきめました!
スゴイの一言です^_^;

この合同練習会も地域の声から生まれました。講習会をして欲しい、対戦相手が欲しいなど、何かしら『こんな事がしたい!』という事がありましたら一度ご連絡下さい

①阪南病院A vs あべのメンタルクリニック
一本目1-0、二本目0-0
②阪南病院B vs 国分病院
一本目1-0、二本目0-1
③あべのメンタルクリニック vs 阪南病院B
一本目0-0、二本目0-1
④阪南病院A vs 国分病院
一本目1-0、二本目2-1
⑤あべのメンタルクリニック vs 国分病院
一本目0-1、二本目2-4

2018.12.09【報告】2018 OFA障がい者サッカーフェスティバル in J-GREEN堺

12月9日(日)にJ-GREEN堺で、一般社団法人大阪府サッカー協会(以下OFA)主催の、障がい者サッカーフェスティバルが開催されました。
一般社団法人大阪ソーシャルフットボール協会(以下OSFA)は、YARIMASSE大阪・Half Timeから選手とスタッフが参加しました。

大阪では初となる7障がいが一堂に会するサッカーフェスティバルでした。

大阪府下の障がい者サッカーの普及・啓発、また多くの方に障がい者 サッカーを知ってもらう機会の創出を目的に開催されました。それぞれの競技の紹介・体験や各団体の枠を超えた試合が行われました。

<参加団体>
一般社団法人 日本障がい者サッカー連盟(以下JIFF)に加盟している7団体
◆アンプティーサッカー(切断障がい)
◆CPサッカー(脳性麻痺)
◆知的障がい者サッカー
◆電動車椅子サッカー
◆ブラインドサッカー(視覚障がい)
◆デフサッカー(聴覚障がい)
◆ソーシャルフットボール(精神障がい)
また近隣中学校(新北島中学校・月州中学校)から学生ボランティアの参加もあり、200名超える参加者でボールを介して楽しく交流できました。

<内容>
①デモンストレーション(障がい者サッカーを知ろう!)
電動車椅子・ブラインド・アンプティの見学や体験をしました。間近でプレーを見たり、体験することで特徴を知ることができ、興味が湧きました。

②フットサル
各団体対抗でゲームをしました。それぞれ独自のるルールがあるので、対戦カード毎にルールを工夫しゲームが行われ、他団体のプレーを実感できました。

③ウォーキングサッカー
7団体がごちゃ混ぜでチームを形成し、一緒にプレーできました。
*ウォーキングサッカーとは、現在イギリスを中心に急速に愛好者が増えている 「歩くサッカー」です。イギリスでは50歳以上の人たちによるクラブが1,000近くにも なっています。高齢者だけでなく子どもからお年寄りまで、障がいの有無も関係なく、 サッカー経験も問わない、誰もが楽しめるスポーツです。

<参加して感じたこと>
参加できたことで、沢山の刺激を受け、新たな繋がりもできました。
また、7障がいが共にプレーすることでJIFFの理念である『サッカーなら、どんな障害も超えられる。』を体現でき、サッカーの可能性を感じることができました。

今回、この様な貴重な機会を提供頂きましたOFA及び御協力頂きました皆様に感謝申し上げます。

HPはこちら
‭http://osfa.jp/‬

2018.12.06【お知らせ】ソーシャルフットボール講習会~大阪市会場~を開催します。

当協会ではソーシャルフットボール普及啓発を目的とした講習会を開催しています。

今回は大阪市での開催が決まりましたのでお知らせさせて頂きます。

大阪市は数年前より実行委員会形式を設け地域の方と協力しながら運営をしています。今回は、あべのメンタルクリニック、大阪市長居障がい者スポーツセンター、(医)北斗会、Half Timeの方々にて事前会議を行いました。大阪市は大阪市長居障がい者スポーツセンターでソーシャルフットボールの教室を開催しているため、内容を分けて普及啓発に取り組むことを目的としました。具体的には「夜間開催」「本物のフットサル」をテーマとします!

そのなか・・・なんと!元Fリーガーの三木誉さんを講師に迎える事となりました。

 

精神障がいや発達障がいのある方向けですが、支援者やご家族の方の参加もできます。初心者の方も楽しめる内容で開催しますので、お気軽にご参加ください。

 

日程:1月28日(月) 19:00~20:45(受付18:30~)

開場:大阪市長居障がい者スポーツセンター

費用:無料

参加:当協会までメールにて申し込み。〆切1月24日。

o.socialfootball@gmail.com

 

主催 (一社)大阪ソーシャルフットボール協会

協力 大阪市長居障がい者スポーツセンター、Half Time、WEARE

協賛 ㈱ゼネラルパートナーズ

 

2018.11.28【報告】第5回デイケア合同練習会

11/28(水)に高石市総合体育館(カモン高石)で第5回デイケア合同練習会を開催しました。

あべのメンタルクリニック・国分病院・阪南病院の3病院、4チームでアップを行い、練習試合を行いました。

参加はスタッフ含め35名と大盛況でした!

今後も(一社)大阪ソーシャルフットボール協会では精神科デイケア合同練習会などイベントを開催していきます。

お問い合わせは〔o.socialfootball@gmail.com〕へお願いいたします。

 

□ 試合結果

阪南病院aーあべのメンタルクリニック
2-0
阪南病院bー国分病院
2-0
阪南病院aー国分病院
1-0
あべのメンタルクリニックー阪南病院b
0-1
国分病院ーあべのメンタルクリニック
1-0
阪南病院aー阪南病院b
0-1

 

 

ページトップへ

〒599-8263 堺市中区八田南之町277 阪南病院内
Copyright(C) OSFA All Rights Reserved.